pritasutiyem’s diary

pritasutiyem’s diary

2024/02/20 Part 2の日記

インターネットパート9
ユーザー
2000 年から 2009 年の間に、世界中のインターネット ユーザーの数は 3 億 9,000 万人から 19 億人に増加しました。 2010 年までに、世界人口の 22% がコンピュータにアクセスし、毎日 10 億件の Google 検索が行われ、3 億人のインターネット ユーザーがブログを読み、YouTube で毎日 20 億本のビデオが視聴されました。 2014 年、世界のインターネット ユーザーは 30 億人、つまり世界人口の 44 パーセントを超えましたが、その 3 分の 2 は最も裕福な国々から来ており、ヨーロッパ人の 78 パーセントがインターネットを使用しており、次いで南北アメリカの 57 パーセントとなっています。 しかし、2018 年までにアジアだけでインターネット ユーザー全体の 51% を占め、世界のインターネット ユーザー 43 億人のうち 22 億人が占めています。 中国のインターネット ユーザー数は 2018 年に大きな節目を超え、同国のインターネット規制当局である中国インターネット ネットワーク情報センターは中国のユーザー数が 8 億 200 万人であると発表しました。 中国に次いでインドが約 7 億人のユーザーを抱え、米国が 3 番目に 2 億 7,500 万人のユーザーを抱えています。 しかし、普及率に関して言えば、2022 年の中国の普及率は 70% であったのに対し、インドの 60%、米国の 90% でした。 2022 年には、世界のインターネット ユーザーの 54% がアジア、14% がヨーロッパ、7% が北米、10% がラテンアメリカカリブ海、11% がアフリカ、4% が中東、1% がアジアに拠点を置いています。 オセアニア。 2019 年にユーザー数ベースでインターネット普及率が最も高かったのはクウェートカタールフォークランド諸島、バミューダアイスランドで、人口の 93% 以上がアクセスできました。 2022 年の時点で、世界人口の 3 分の 2 以上に相当する 54 億人がインターネットを使用していると推定されています。

 

インターネットを介したコミュニケーションで広く使われている言語は常に英語です。 これは、インターネットの起源と、言語が共通語および世界言語としての役割を果たしたことの結果である可能性があります。 初期のコンピュータ システムは、ラテン文字のサブセットである米国標準情報交換コード (ASCII) の文字に限定されていました。 英語 (27%) に次いで、ワールド ワイド ウェブ上で最もリクエストされている言語は、中国語 (25%)、スペイン語 (8%)、日本語 (5%)、ポルトガル語とドイツ語 (各 4%)、アラビア語、フランス語、ロシア語 ( 各 3%)、韓国人 (2%)。 インターネットのテクノロジー、特に Unicode の使用は近年十分に発展しており、世界中で広く使用されている言語での開発やコミュニケーションに優れた機能が利用できるようになりました。 ただし、文字化け(一部の言語の文字が正しく表示されない)などのいくつかの不具合はまだ残っています。

 

2005 年の米国の調査では、インターネットを使用する男性の割合が女性の割合をわずかに上回っていましたが、30 歳未満ではこの差が逆転しました。男性はより頻繁にログオンし、より多くの時間をオンラインで過ごし、インターネットを使用する可能性がより高かったです。 一方、女性はコミュニケーションの機会(電子メールなど)をより活用する傾向がありました。 男性は、請求書の支払い、オークションへの参加、音楽やビデオのダウンロードなどの娯楽のためにインターネットを使用する可能性が高くなりました。 男性と女性はショッピングや銀行取引にインターネットを利用する可能性が同等でした。 2008 年には、FacebookMyspace などのほとんどのソーシャル ネットワーキング サービスで女性の数が男性を大幅に上回っていましたが、その比率は年齢によって異なりました。 女性はより多くのストリーミング コンテンツを視聴しましたが、男性はより多くダウンロードしました。 男性はブログを書く傾向が高かった。 ブログを書く人の中で、男性は専門的なブログを持っている傾向が高いのに対し、女性は個人的なブログを持っている傾向がより高かった。

 

インターネット ユーザーを指す新造語がいくつか存在します。ネチズン (「ネットの市民」など) は、オンライン コミュニティ、インターネット全般、または言論の自由などの政治問題や権利を取り巻く活動の改善に積極的に関与している人々を指します。インターノートは、オペレーターや権利を指します。 技術的に高度な能力を持つインターネットのユーザーであるデジタル市民とは、社会、政治、政府の参加に参加するためにインターネットを使用する人を指します。

 

Link 1  Link 2  Link 3  Link 4  Link 5  Link 6  Link 7  Link 8  Link 9  Link 10  Link 11  Link 12  Link 13  Link 14  Link 15  Link 16  Link 17  Link 18

2024/02/20の日記

インターネット パート 8
データ転送
ファイル共有は、インターネット上で大量のデータを転送する例です。 コンピュータ ファイルは、添付ファイルとして顧客、同僚、友人に電子メールで送信できます。 これを Web サイトまたはファイル転送プロトコル (FTP) サーバーにアップロードして、他の人が簡単にダウンロードできるようにします。 「共有場所」またはファイル サーバーに保存して、同僚がすぐに使用できるようにすることができます。 多数のユーザーに対する一括ダウンロードの負荷は、「ミラー」サーバーまたはピアツーピア ネットワークを使用することで軽減できます。 これらのいずれの場合でも、ファイルへのアクセスはユーザー認証によって制御され、インターネット上のファイルの送信は暗号化によって隠蔽され、ファイルへのアクセスのために金銭の授受が行われる可能性があります。 価格は、たとえばクレジット カードからのリモート チャージによって支払うことができ、その詳細も (通常は完全に暗号化されて) インターネット上で送信されます。 受信したファイルの出所と信頼性は、デジタル署名または MD5 またはその他のメッセージ ダイジェストによってチェックされる場合があります。 インターネットのこれらの単純な機能は、世界中で、送信用にコンピュータ ファイルに変換できるあらゆるものの製造、販売、配布に変化をもたらしています。 これには、あらゆる種類の印刷出版物、ソフトウェア製品、ニュース、音楽、映画、ビデオ、写真、グラフィックス、その他の芸術が含まれます。 これは、これまでこれらの製品の生産と流通を管理していた既存の各産業に大きな変化を引き起こしました。

 

ストリーミング メディアは、エンド ユーザーがすぐに消費したり楽しんだりできるデジタル メディアのリアルタイム配信です。 多くのラジオおよびテレビ放送局は、ライブ オーディオおよびビデオ作品のインターネット フィードを提供しています。 また、プレビュー、クラシック クリップ、リッスン アゲインなどのタイムシフト表示またはリスニング機能も可能になる場合があります。 これらのプロバイダーには、放送ライセンスを持ったことのないさまざまな純粋なインターネット「ブロードキャスター」が参加しています。 これは、コンピュータなどのインターネットに接続されたデバイスを使用して、以前はテレビやラジオ受信機でのみ可能であったのとほぼ同じ方法でオンライン メディアにアクセスできることを意味します。 利用できるコンテンツの種類は、専門的な技術的な Web キャストからオンデマンドの人気のマルチメディア サービスまで、はるかに幅広くなります。 ポッドキャスティングはこのテーマのバリエーションであり、通常はオーディオ素材がダウンロードされてコンピュータ上で再生されるか、ポータブル メディア プレーヤーに移されて移動中に聴かれます。 シンプルな機器を使用したこれらの技術により、検閲やライセンス管理をほとんど行わずに、誰もが視聴覚素材を世界中に放送することができます。

 

デジタル メディア ストリーミングにより、ネットワーク帯域幅の需要が増加します。 たとえば、標準画質では SD 480p で 1 Mbit/s のリンク速度が必要で、HD 720p 品質では 2.5 Mbit/s が必要で、最上位の HDX 品質では 1080p で 4.5 Mbit/s のリンク速度が必要です。

 

ウェブカメラは、この現象を低コストで拡張したものです。 一部の Web カメラはフルフレームレートのビデオを提供できますが、通常は画像が小さいか、更新が遅いです。 インターネット ユーザーは、アフリカの水たまりの周りの動物、パナマ運河の船、地元のロータリーの交通を観察したり、自分の敷地をリアルタイムで監視したりできます。 ビデオ チャット ルームやビデオ会議も人気があり、双方向サウンドの有無にかかわらず、個人の Web カメラとして多くの用途が見られます。 YouTube は 2005 年 2 月 15 日に設立され、現在 20 億人以上のユーザーを抱える無料ストリーミング ビデオの大手 Web サイトです。 デフォルトでは、HTML5 ベースの Web プレーヤーを使用してビデオ ファイルをストリーミングおよび表示します。 登録ユーザーは無制限にビデオをアップロードし、独自の個人プロフィールを作成できます。 YouTube は、ユーザーが毎日何億もの動画を視聴し、数十万の動画をアップロードしていると主張しています。

 

社会的影響
インターネットは、新しい形態の社会的交流、活動、社会的つながりを可能にしました。 この現象は、インターネット社会学の学術研究を生み出しました。

 

初期のインターネットは、象徴主義を利用してインターネットについて書く一部の作家に影響を与えました。たとえば、インターネットを「地球上の広大な目に見えない網で個人を結び付ける手段」と表現しました。

 

Link 1  Link 2  Link 3  Link 4  Link 5  Link 6  Link 7  Link 8  Link 9  Link 10  Link 11  Link 12  Link 13  Link 14  Link 15  Link 16  Link 17  Link 18  Link 19  Link 20  Link 21  Link 22  Link 23  Link 24  Link 25  Link 26  Link 27  Link 28  Link 29  Link 30

2024/02/18の日記

インターネット パート 7
ワールドワイドウェブ
World Wide Web は、ドキュメント、画像、マルチメディア、アプリケーション、およびその他のリソースのグローバルなコレクションであり、ハイパーリンクによって論理的に相互に関連付けられ、名前付き参照のグローバル システムを提供する URI (Uniform Resource Identifier) で参照されます。 URI は、サービス、Web サーバー、データベース、およびそれらが提供できるドキュメントとリソースを象徴的に識別します。 ハイパーテキスト転送プロトコル (HTTP) は、World Wide Web の主要なアクセス プロトコルです。 Web サービスでは、情報の転送、ビジネス データやロジスティクスの共有と交換のためのソフトウェア システム間の通信にも HTTP を使用します。HTTP は、インターネット上の通信に使用できる多数の言語またはプロトコルの 1 つです。

 

MicrosoftInternet Explorer/Edge、Mozilla FirefoxOperaAppleSafariGoogle Chrome などの World Wide Web ブラウザ ソフトウェアを使用すると、ユーザーはドキュメントに埋め込まれたハイパーリンクを介して、ある Web ページから別の Web ページに移動できます。 これらのドキュメントには、グラフィックス、サウンド、テキスト、ビデオ、マルチメディア、ユーザーがページを操作している間に実行されるインタラクティブ コンテンツなど、コンピューター データの任意の組み合わせが含まれる場合もあります。 クライアント側のソフトウェアには、アニメーション、ゲーム、オフィス アプリケーション、科学的なデモンストレーションなどが含まれます。 Yahoo!、Bing、Google などの検索エンジンを使用したキーワード主導のインターネット調査を通じて、世界中のユーザーが膨大で多様なオンライン情報に簡単かつ即座にアクセスできるようになりました。 印刷メディア、書籍、百科事典、従来の図書館と比較して、World Wide Web は大規模な情報の分散化を可能にしました。

 

Web により、個人や組織は、大幅に削減された費用と時間遅延で、オンラインで潜在的に多数の聴衆にアイデアや情報を公開できるようになりました。 Web ページやブログの公開、Web サイトの構築には初期費用がほとんどかからず、無料のサービスも数多くあります。 しかし、魅力的で多様な最新情報を掲載した大規模で専門的な Web サイトを公開および維持することは、依然として困難で費用のかかる課題です。 多くの個人および一部の企業やグループは、主に簡単に更新できるオンライン日記として使用されるウェブログまたはブログを使用しています。 一部の商業団体は、訪問者が専門知識と無料の情報に感銘を受け、その結果としてその企業に惹きつけられることを期待して、スタッフが自分の専門分野に関するアドバイスを伝えることを奨励しています。

 

人気のある Web ページに広告を掲載すると儲かる場合があり、Web 経由で製品やサービスを直接販売する電子商取引は成長し続けています。 オンライン広告は、インターネットを使用して消費者にプロモーション マーケティング メッセージを配信するマーケティングおよび広告の形式です。 これには、電子メール マーケティング検索エンジン マーケティング (SEM)、ソーシャル メディア マーケティング、さまざまな種類のディスプレイ広告 (Web バナー広告を含む)、およびモバイル広告が含まれます。 2011 年、米国のインターネット広告収入はケーブル テレビの収入を上回り、テレビ放送の収入をほぼ上回りました。 一般的なオンライン広告の実践の多くは物議を醸しており、ますます規制の対象となっています。

 

1990 年代に Web が発展したとき、典型的な Web ページは、HTML 形式で完成した形式で Web サーバーに保存され、リクエストに応じて Web ブラウザに送信できる状態になっていました。 時間が経つにつれて、Web ページの作成と提供のプロセスは動的になり、柔軟なデザイン、レイアウト、コンテンツが作成されます。 Web サイトはコンテンツ管理ソフトウェアを使用して作成されることが多く、最初はコンテンツがほとんどありません。 これらのシステムへの貢献者 (有給のスタッフ、組織のメンバー、一般人など) は、その目的のために設計された編集ページを使用して基礎となるデータベースにコンテンツを入力し、一方、訪問者はこのコンテンツを HTML 形式で表示および読み取ります。 新しく入力されたコンテンツを取得して対象の訪問者が利用できるようにするプロセスには、編集システム、承認システム、およびセキュリティ システムが組み込まれている場合と、組み込まれていない場合があります。

 

コミュニケーション
電子メールは、インターネット経由で利用できる重要な通信サービスです。 手紙やメモを郵送するのと同様に、当事者間で電子テキスト メッセージを送信するという概念は、インターネットの誕生より前からありました。 写真、ドキュメント、その他のファイルは電子メールの添付ファイルとして送信されます。 電子メール メッセージは、複数の電子メール アドレスに CC で送信できます。

 

インターネット電話は、インターネットを利用して実現される一般的な通信サービスです。 主要なインターネットワーキング プロトコルであるインターネット プロトコルの名前は、ボイス オーバー インターネット プロトコル (VoIP) にその名前を与えています。 このアイデアは 1990 年代初頭に、パーソナル コンピューター用のトランシーバーのような音声アプリケーションから始まりました。 VoIP システムは現在、多くの市場を支配しており、従来の電話と同じくらい使いやすく便利です。 その利点は、特に長距離の場合、従来の電話に比べて大幅なコスト削減です。 ケーブル、ADSL、およびモバイル データ ネットワークは顧客構内でのインターネット アクセスを提供し、安価な VoIP ネットワーク アダプタは従来のアナログ電話機への接続を提供します。 VoIP の音声品質は、多くの場合、従来の通話の品質を上回ります。 VoIP に残る問題としては、緊急サービスがどこでも利用できるわけではないことや、古い従来型の電話機はローカル ループから電力が供給され、通常は停電時にも動作するのに対し、デバイスがローカル電源に依存しているという状況が挙げられます。

 

Link 1  Link 2  Link 3  Link 4  Link 5  Link 6  Link 7  Link 8  Link 9  Link 10  Link 11  Link 12  Link 13  Link 14  Link 15  Link 16  Link 17  Link 18  Link 19  Link 20  Link 21  Link 22  Link 23  Link 24  Link 25  Link 26  Link 27  Link 28  Link 29  Link 30  Link 31  Link 32  Link 33

2024/02/16の日記

サブネットワーク

ホスト識別子を分割してサブネットを作成する
サブネットワークまたはサブネットは、IP ネットワークの論理的な区画です。 ネットワークを 2 つ以上のネットワークに分割することをサブネット化と呼びます。

 

サブネットに属するコンピュータは、IP アドレス内の同一の最上位ビット グループでアドレス指定されます。 この結果、IP アドレスは、ネットワーク番号またはルーティング プレフィックスと残りのフィールドまたはホスト識別子の 2 つのフィールドに論理的に分割されます。 残りのフィールドは、特定のホストまたはネットワーク インターフェイスの識別子です。

 

ルーティング プレフィックスは、ネットワークの最初のアドレスにスラッシュ文字 (/) が続き、プレフィックスのビット長で終わるクラスレス ドメイン間ルーティング (CIDR) 表記で表現できます。 たとえば、198.51.100.0/24 は、指定されたアドレスで始まるインターネット プロトコル バージョン 4 ネットワークのプレフィックスで、24 ビットがネットワーク プレフィックスに割り当てられ、残りの 8 ビットがホスト アドレス指定用に予約されています。 198.51.100.0 ~ 198.51.100.255 の範囲のアドレスがこのネットワークに属します。 IPv6 アドレス仕様 2001:db8::/32 は、296 個のアドレスを含む大きなアドレス ブロックで、32 ビットのルーティング プレフィックスを持ちます。

 

IPv4 の場合、ネットワークはサブネット マスクまたはネットマスクによって特徴付けることもできます。ネットマスクは、ビットごとの AND 演算によってネットワーク内の任意の IP アドレスに適用されると、ルーティング プレフィックスが得られるビットマスクです。 サブネット マスクもアドレスと同様にドット 10 進表記で表現されます。 たとえば、255.255.255.0 は、プレフィックス 198.51.100.0/24 のサブネット マスクです。

 

送信元アドレスと宛先アドレスのルーティング プレフィックスが異なる場合、トラフィックルーターを介してサブネットワーク間で交換されます。 ルーターは、サブネット間の論理的または物理的な境界として機能します。

 

既存のネットワークをサブネット化する利点は、各展開シナリオによって異なります。 CIDR を使用したインターネットのアドレス割り当てアーキテクチャや大規模な組織では、アドレス空間を効率的に割り当てる必要があります。 また、サブネット化により、ルーティングの効率が向上したり、大規模な組織内のさまざまなエンティティによってサブネットワークが管理制御されている場合にネットワーク管理に利点が生じたりする場合もあります。 サブネットは階層アーキテクチャで論理的に配置され、組織のネットワーク アドレス空間をツリー状のルーティング構造に分割することがあります。

 

ルーティング
コンピュータとルーターは、オペレーティング システムのルーティング テーブルを使用して、IP パケットが別のサブネットワーク上のノードに到達するように指示します。 ルーティング テーブルは、手動構成によって、またはルーティング プロトコルによって自動的に維持されます。 通常、エンドノードはトランジットを提供する ISP を指すデフォルト ルートを使用しますが、ISP ルーターはボーダー ゲートウェイ プロトコルを使用して、グローバル インターネットの複雑な接続全体で最も効率的なルーティングを確立します。 デフォルト ゲートウェイは、パケットの宛先 IP アドレスに一致するルート指定が他にない場合に、他のネットワークへの転送ホスト (ルーター) として機能するノードです。

 

IETF
インターネット インフラストラクチャのハードウェア コンポーネントは他のソフトウェア システムをサポートするために使用できることがよくありますが、インターネットを特徴づけ、そのスケーラビリティと成功の基盤を提供するのはソフトウェアの設計と標準化プロセスです。 インターネット ソフトウェア システムのアーキテクチャ設計に対する責任は、インターネット エンジニアリング タスク フォース (IETF) によって引き継がれています。 IETF は、インターネット アーキテクチャのさまざまな側面について、誰でも参加できる標準設定作業グループを実施しています。 結果として得られる貢献と標準は、IETF Web サイトで Request for Comments (RFC) 文書として公開されます。 インターネットを可能にするネットワークの主要な方法は、インターネット標準を構成する特別に指定された RFC に含まれています。 他のそれほど厳密ではない文書は、単に情報提供、実験、歴史的なものであるか、インターネット テクノロジを実装する際の現在のベスト プラクティス (BCP) を文書化したものです。

 

アプリケーションとサービス
インターネットには、ソーシャル メディア、電子メール、モバイル アプリケーション、マルチプレイヤー オンライン ゲーム、インターネット電話、ファイル共有、ストリーミング メディア サービスなど、ワールド ワイド ウェブをはじめとする多くのアプリケーションやサービスが含まれています。

 

これらのサービスを提供するほとんどのサーバーは現在データ センターでホストされており、コンテンツは多くの場合、高性能のコンテンツ配信ネットワークを通じてアクセスされます。

 

Link 1  Link 2  Link 3  Link 4  Link 5  Link 6  Link 7  Link 8  Link 9  Link 10  Link 11  Link 12  Link 13  Link 14  Link 15  Link 16  Link 17  Link 18  Link 19  Link 20  Link 21  Link 22  Link 23  Link 24  Link 25  Link 26  Link 27  Link 28  Link 29  Link 30  Link 31  Link 32  Link 33

2024/02/15の日記

インターネット パート 5
インターネットプロトコルスイート
インターネット標準は、インターネット プロトコル スイート (最初の 2 つのコンポーネントに基づいて、TCP/IP とも呼ばれます) として知られるフレームワークを記述しています。これは、動作範囲によって 4 つの概念レイヤーのセットに順序付けされたプロトコル スイートです。 元々は RFC 1122 および RFC 1123 で文書化されました。最上位にあるのはアプリケーション層で、通信は各アプリケーションに最適なオブジェクトまたはデータ構造の観点から記述されます。 たとえば、Web ブラウザはクライアント サーバー アプリケーション モデルで動作し、ハイパーテキスト転送プロトコル (HTTP) およびハイパーテキスト マークアップ言語 (HTML) などのアプリケーションに関連したデータ構造と情報を交換します。

 

この最上位層の下にあるトランスポート層は、異なるホスト上のアプリケーションをネットワークを介して論理チャネルで接続します。 これは、順序付けされた信頼性の高い配信 (TCP) や信頼性の低いデータグラム サービス (UDP) など、考えられるさまざまな特性をこのサービスに提供します。

 

これらの層の基礎となるのは、境界でネットワークを相互接続し、層間でトラフィックを交換するネットワーキング テクノロジです。 インターネット層は、インターネット プロトコル (IP) を実装します。これにより、コンピュータは IP アドレスによって相互に識別および位置を特定し、中間 (トランジット) ネットワークを介してトラフィックをルーティングできるようになります。 インターネット プロトコル層のコードは、物理的に実行されているネットワークの種類には依存しません。

 

アーキテクチャの最下部にはリンク層があり、同じ物理リンク上のノードを接続し、他のリンクへのトラバースにルーターを必要としないプロトコルが含まれています。 プロトコル スイートでは、ビットを転送するハードウェア メソッドやそのようなハードウェアを管理するプロトコルを明示的に指定していませんが、適切なテクノロジが利用可能であることを前提としています。 そのテクノロジーの例には、Wi-FiイーサネットDSL などがあります。

 

インターネットプロトコル
インターネット モデルの最も顕著なコンポーネントは、インターネット プロトコル (IP) です。 IP はインターネットワーキングを可能にし、本質的にはインターネット自体を確立します。 インターネット プロトコルには、IPv4IPv6 の 2 つのバージョンが存在します。

 

IPアドレス

DNSゾルバーは 3 つのネーム サーバーを参照して、ユーザーに表示されるドメイン名「www.wikipedia.org」を解決し、IPv4 アドレス 207.142.131.234 を決定します。
ネットワーク上の個々のコンピュータを見つけるために、インターネットは IP アドレスを提供します。 IP アドレスは、インターネット パケットを宛先に送るためにインターネット インフラストラクチャによって使用されます。 これらはパケット内にある固定長の数値で構成されます。 IP アドレスは通常、DHCP 経由で自動的に機器に割り当てられるか、設定されます。

 

ただし、ネットワークは他のアドレス指定システムもサポートしています。 ユーザーは通常、覚えやすいため、IP アドレスの代わりにドメイン名 (例: 「en.wikipedia.org」) を入力します。 これらは、ドメイン ネーム システム (DNS) によって、ルーティングの目的でより効率的な IP アドレスに変換されます。

 

IPv4
インターネット プロトコル バージョン 4 (IPv4) は、IP アドレスを 32 ビットの数値として定義します。 IPv4 は、インターネットの第 1 世代で使用された初期バージョンであり、現在でも主に使用されています。 これは、最大約 43 億 (109) 個のホストに対応するように設計されています。 しかし、インターネットの爆発的な成長により IPv4 アドレスの枯渇が起こり、2011 年にグローバルな IPv4 アドレス割り当てプールが枯渇して最終段階に入りました。

 

IPv6
インターネットの成長と利用可能な IPv4 アドレスの枯渇のため、1990 年代半ばに新しいバージョンの IP IPv6 が開発されました。これは、非常に大規模なアドレス指定機能とインターネット トラフィックのより効率的なルーティングを提供します。 IPv6 は IP アドレスに 128 ビットを使用し、1998 年に標準化されました。IPv6 の導入は 2000 年代半ばから継続されており、インターネット アドレス レジストリ (RIR) がすべてのリソース マネージャーに迅速な計画を立てるよう促し始めて以来、現在世界中で導入が拡大しています。 採用と変換。

 

IPv6 は、設計上、IPv4 と直接相互運用できません。 本質的には、IPv4 ソフトウェアでは直接アクセスできない、並行バージョンのインターネットを確立します。 したがって、インターネットワーキング用に変換機能が存在するか、ノードに両方のネットワーク用の重複したネットワーク ソフトウェアが必要です。 基本的に、最新のコンピュータ オペレーティング システムはすべて、両方のバージョンのインターネット プロトコルをサポートしています。 しかし、ネットワークインフラの整備は遅れています。 インフラストラクチャを構成する複雑な物理接続とは別に、インターネットは、ピアリング契約などの二国間または多国間の商業契約、およびネットワーク上のデータ交換を記述する技術仕様またはプロトコルによって促進されます。 実際、インターネットは相互接続とルーティング ポリシーによって定義されます。

 

Link 1  Link 2  Link 3  Link 4  Link 5  Link 6  Link 7  Link 8  Link 9  Link 10  Link 11  Link 12  Link 13  Link 14  Link 15  Link 16  Link 17  Link 18  Link 19  Link 20  Link 21  Link 22  Link 23  Link 24  Link 25  Link 26  Link 27  Link 28  Link 29  Link 30

2024/02/14の日記

アクセス
ユーザーによるインターネット アクセスの一般的な方法には、電話回線、同軸ケーブル光ファイバーまたは銅線を介したブロードバンド、Wi-Fi、衛星、および携帯電話技術 (3G、4G など) を介したコンピューター モデムによるダイヤルアップが含まれます。 図書館やインターネット カフェのコンピュータからインターネットにアクセスすることがよくあります。 インターネット アクセス ポイントは、空港ホールやコーヒー ショップなどの多くの公共の場所に存在します。 公衆インターネット キオスク、公衆アクセス端末、Web 公衆電話など、さまざまな用語が使用されます。 多くのホテルには、通常は有料の公共ターミナルもあります。 これらの端末は、チケットの予約、銀行入金、オンライン支払いなど、さまざまな用途で広くアクセスされています。 Wi-Fi は、ローカル コンピュータ ネットワーク経由でインターネットへのワイヤレス アクセスを提供します。 このようなアクセスを提供するホットスポットには、ユーザーがラップトップや PDA などの無線デバイスを持参する必要がある Wi-Fi カフェが含まれます。 これらのサービスは、全員に無料、顧客のみに無料、または有料の場合があります。

 

草の根の取り組みにより、ワイヤレス コミュニティ ネットワークが誕生しました。 広いエリアをカバーする商用 Wi-Fi サービスは、ニューヨーク、ロンドン、ウィーン、トロント、サンフランシスコ、フィラデルフィア、シカゴ、ピッツバーグなどの多くの都市で利用でき、公園のベンチなどからインターネットにアクセスできます。 Ricochet のような独自のモバイル無線ネットワーク、セルラー ネットワーク上のさまざまな高速データ サービス、固定無線サービスを使った実験も行われています。 最新のスマートフォンは、携帯電話会社のネットワークを通じてインターネットにアクセスすることもできます。 Web ブラウジング用に、これらのデバイスGoogle ChromeSafariFirefox などのアプリケーションを提供しており、その他のさまざまなインターネット ソフトウェアをアプリ ストアからインストールできます。 2016 年 10 月に、世界中でモバイルおよびタブレットバイスによるインターネットの使用量が初めてデスクトップを上回りました。

 

モバイル通信
国際電気通信連合 (ITU) は、2017 年末までに、個人ユーザーの 48% が定期的にインターネットに接続し、2012 年の 34% から増加すると推定しています。モバイル インターネット接続は、近年、特にアクセスの拡大に重要な役割を果たしています。 アジア、太平洋、そしてアフリカでも。 固有のモバイル携帯電話契約数は 2012 年の 39 億件から 2016 年には 48 億件に増加し、これは世界人口の 3 分の 2 を占め、契約数の半分以上がアジア太平洋地域にあります。 加入者数は 2020 年に 57 億ユーザーに増加すると予測されています。2018 年の時点で、世界人口の 80% が 4G ネットワークにカバーされています。 モバイル アプリケーションを介して情報にアクセスする際にユーザーが直面する制限は、インターネットの広範な断片化プロセスと同時に発生します。 断片化はメディア コンテンツへのアクセスを制限し、最も貧しいユーザーに最も大きな影響を与える傾向があります。

 

ゼロレーティングは、ユーザーが無料で特定のコンテンツやアプリケーションにアクセスできるようにするインターネット サービス プロバイダーの慣行で、経済的ハードルを乗り越える機会を提供してきましたが、批評家からはインターネットが 2 層構造になると非難されています。 ゼロ評価の問題に対処するために、「平等評価」の概念に基づく代替モデルが登場し、アフリカの Mozilla と Orange による実験でテストされています。 均等評価では、1 種類のコンテンツの優先順位付けが防止され、指定されたデータ上限までのすべてのコンテンツがゼロ評価されます。 チャタム・ハウスが発表した調査によると、ラテンアメリカで調査された19カ国のうち15カ国で、何らかのハイブリッド製品またはゼロ評価の製品が提供されていました。 この地域の一部の国では (すべてのモバイル ネットワーク オペレーター全体で) 選択できるプランが少数しかありませんでしたが、コロンビアのような他の国では、最大 30 のプリペイド プランと 34 のポストペイド プランを提供していました。

 

グローバル・サウスの 8 か国を対象とした調査では、ゼロ定格のデータ プランがどの国にも存在することがわかりましたが、そのプランが提供され、実際に使用される頻度には国ごとに大きな幅があります。 この調査では、バングラデシュ、コロンビア、ガーナ、インド、ケニア、ナイジェリア、ペルー、フィリピンの市場シェア上位 3 ~ 5 社の通信事業者を調査しました。 調査された 181 のプラン全体で、13% がゼロ評価サービスを提供していました。 ガーナ、ケニア、ナイジェリア、南アフリカを対象とした別の調査では、Facebook の Free Basics と Wikipedia Zero が最も一般的にゼロ評価されているコンテンツであることがわかりました。

 

Link 1  Link 2  Link 3  Link 4  Link 5  Link 6  Link 7  Link 8  Link 9  Link 10  Link 11  Link 12  Link 13  Link 14  Link 15  Link 16  Link 17  Link 18  Link 19  Link 20  Link 21  Link 22  Link 23  Link 24

2024/02/13の日記

インターネット パート 3
ガバナンス
インターネットは、自発的に相互接続された多数の自律ネットワークで構成されるグローバル ネットワークです。 中央統治機関なしで運営されています。 コア プロトコル (IPv4 および IPv6) の技術的基盤と標準化は、インターネット エンジニアリング タスク フォース (IETF) の活動です。IETF は、技術的な専門知識を提供することで誰でも参加できる、ゆるやかな国際的な参加者からなる非営利組織です。 相互運用性を維持するために、インターネットの主要な名前空間は、Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN) によって管理されています。 ICANN は、インターネットの技術、ビジネス、学術、その他の非営利コミュニティ全体から選出された国際理事会によって統治されています。 ICANN は、ドメイン名、IP アドレス、トランスポート プロトコルのアプリケーション ポート番号、その他多くのパラメータを含む、インターネット上で使用する一意の識別子の割り当てを調整します。 グローバルに統一された名前空間は、インターネットの世界的な到達範囲を維持するために不可欠です。 ICANN のこの役割は、ICANN がおそらく世界的なインターネットの唯一の中央調整機関であることを特徴としています。

 

地域インターネット レジストリ (RIR) は、世界の 5 つの地域に対して設立されました。 アフリカのアフリカ ネットワーク インフォメーション センター (AfriNIC)、北米のアメリカン インターネット番号レジストリ (ARIN)、アジアおよび太平洋地域のアジア太平洋ネットワーク インフォメーション センター (APNIC)、ラテンアメリカおよびカリブ海のインターネット アドレス レジストリ ( ラテンアメリカおよびカリブ海地域は LACNIC)、ヨーロッパ、中東、中央アジアは Réseaux IP Européens – Network Coordination Center (RIPE NCC) に、IP アドレス ブロックとその他のインターネット パラメータをローカル レジストリに割り当てる権限が与えられました。 インターネット サービス プロバイダー。地域ごとに確保された指定されたアドレス プールから取得します。

 

米国商務省の機関である国家電気通信情報局は、2016 年 10 月 1 日の IANA 管理移行まで、DNS ルート ゾーンの変更について最終承認を取得していました。インターネット ソサエティ (ISOC) は、使命を持って 1992 年に設立されました。 「世界中のすべての人々の利益のために、インターネットのオープンな開発、進化、使用を保証する」こと。 会員には個人(誰でも参加可能)のほか、企業、団体、政府、大学も含まれます。 ISOC は、IETF、Internet Architecture Board (IAB)、Internet Engineering Steering Group (IESG)、Internet Research Task Force など、インターネットの開発と管理に関与する、あまり正式に組織されていない多数のグループの管理拠点を提供しています。 (IRTF)、およびインターネットリサーチ運営グループ (IRSG)。 2005 年 11 月 16 日、チュニスで開催された国連主催の情報社会世界サミットは、インターネット関連の問題を議論するためにインターネット ガバナンス フォーラム (IGF) を設立しました。

 

インフラストラクチャー
インターネットの通信インフラストラクチャは、ハードウェア コンポーネントと、アーキテクチャのさまざまな側面を制御するソフトウェア層のシステムで構成されます。 他のコンピュータ ネットワークと同様、インターネットは物理的にルーター、メディア (ケーブルや無線リンクなど)、リピータ、モデムなどで構成されています。ただし、インターネットワーキングの例として、ネットワーク ノードの多くはそれ自体が必ずしもインターネット機器であるとは限りません。 インターネット パケットは、他の本格的なネットワーキング プロトコルによって伝送され、インターネットは異種ハードウェア上で動作する同種のネットワーキング標準として機能し、パケットは IP ルーターによって宛先に誘導されます。

 

サービス階層
インターネット サービス プロバイダー (ISP) は、さまざまなレベルの範囲で個々のネットワーク間の世界的な接続を確立します。 機能を実行したり情報を取得したりするために必要な場合にのみインターネットにアクセスするエンドユーザーは、ルーティング階層の最下位に相当します。 ルーティング階層の最上位には、超高速光ファイバー ケーブルを介して相互にトラフィックを直接交換し、ピアリング契約によって管理される大規模な電気通信会社である Tier 1 ネットワークがあります。 ティア 2 以下のネットワークは、他のプロバイダーからインターネット トランジットを購入して、グローバル インターネット上の少なくとも一部の関係者にアクセスしますが、ピアリングを行う場合もあります。 ISP は、接続に単一の上流プロバイダーを使用することも、マルチホーミングを実装して冗長性と負荷分散を実現することもできます。 インターネット交換ポイントは、複数の ISP への物理接続を備えた主要なトラフィック交換です。 学術機関、大企業、政府などの大規模組織は、内部ネットワークに代わってピアリングやトランジットの購入に携わり、ISP と同じ機能を実行する場合があります。 研究ネットワークは、GEANT、GLORIAD、Internet2、英国の国立研究教育ネットワーク JANET などの大規模なサブネットワークと相互接続する傾向があります。

 

Link 1  Link 2  Link 3  Link 4  Link 5  Link 6  Link 7  Link 8  Link 9  Link 10  Link 11  Link 12  Link 13  Link 14  Link 15  Link 16  Link 17  Link 18  Link 19  Link 20  Link 21  Link 22  Link 23  Link 24  Link 25  Link 26  Link 27  Link 28  Link 29  Link 30